日本中の缶詰を皆さまのご家庭へ

Mr.kanso
ふっくら だし巻き 

Mr.kansoのふっくら だし巻きとは

以前から気になっていた全国に缶詰バーを展開するMr.kansoのオリジナル缶詰の一つ「ふっくら だし巻き」を今回購入してきました。

京都の老舗「吉田喜」とのコラボで作られた缶詰で多くのメディアで紹介されており知っている人も多いはず。

何度か知り合いのおうちに呼ばれた際に手土産として持参したことはあるものの、手土産だけに自分で食べることもできず今回初めて食べさせていただきました。

国産の卵のみを使用した本格京風だし巻きということで期待大の一缶です。

Mr.kansoのふっくら だし巻きを食べた感想

缶詰の中にはだし巻きがみっちりと詰め込まれているので写真の状態で綺麗に缶から出すのは正直至難の技でした。

プルトップを外すと缶詰の縁が数ミリ残るので、そこにだし巻きが引っかかって裏返しても出てこない状態。フォークで取り出そうとも考えましたが食べる前に崩したくないので裏から缶切りで切って取り出しましたw

Mr.kansoのHPにポン酢を付けて食べるのがおすすめと書かれていましたが、まずは素の味を楽しみたかったのでそのまま食しました。

まず一口食べるとふわっとした舌触りに驚き。お店で食べるだし巻きと遜色のない食感で缶詰から出てきたものとは思えないものでした。ふわっとした舌触りに驚いた後は、卵本来の味を邪魔しないあっさりとした京風だしが口の中に広がります。

素のまま食べて美味しいの一言です。

次はHPで紹介されていたように、だし巻きに大根おろしをのせポン酢をかけて食べてみると、先ほどの素で食べた場合と違いポン酢の香りと京風だしが混ざりなんとも言えない美味しさでした。

Mr.kansoのHPには「だし巻きサンド」のレシピも掲載されていたので次回はこの食べ方を試して見たいと思います。

Mr.kansoのふっくら だし巻きの値段

缶詰の値段 550円(税込)/缶

缶詰のデータ

原産国日本
販売者クリーン・ブラザーズ株式会社
販売者住所大阪市西区南堀江1-4-19
内容量固形量135g(内容総量190g)
原材料鶏卵、だし汁、発酵調味料、でん粉、食塩、かつお節エキス、水飴、魚介エキス、酵母エキス、昆布エキス、大豆油、加工デンプン、pH調整剤、調味料(アミノ酸)、グリシン、酢酸ナトリウム(原材料の一部に小麦、さばを含む)
カロリー記載なし
缶詰の種類惣菜缶
価格帯550円(税込)

mr.kansoのふっくら だし巻きを通販で探す

京都「吉田喜」のだし巻きたまご缶 190g×6缶【常温便】[缶詰 非常食 防災 備蓄食料 出汁巻き卵 だしまき卵 玉子 缶入り]
最新情報をチェックしよう!

お惣菜缶詰の最新記事4件